δ通信機

「δ(デルタ)通信機」は、フィギュア、ゲーム等の趣味を中心に情報を発信します。

セコニック スタンダードリフレクター

リフレクター構成

「セコニック(SEKONIC)スタンダードリフレクター」を購入しました。今まで撮影する際には、「ケンコーライティングレフ18%グレー反射板」や「Nikon18%標準反射板」を使用してホワイトバランスを調整していましたが、フィギュア撮影を主とする私には大きすぎるのでもっとコンパクトな代替品はないかと探していました。しかし、撮影用品は値段が高いし、カラーチャートまでは必要ないし…、と悶々としていたときにみつけたのが、上記のものとなります。

リフレクター(反射板)、またはグレーカードは、撮影環境の適正露出やホワイトバランスの測定に使用します。詳しい説明は書きませんが、18%グレーは白と黒の中間の明度でヒストグラムの基準となるとのこと、ホワイトバランスは撮影環境光が被写体に与える色に関わらず、正しく「白」(またはグレー部分のRGBが同一の値であること)を基準として被写体の色を正確に調整します。(たぶん、あってる。)

リフレクター外側

「スタンダードリフレクター」は、胸ポケットに入る程度の手帳と同じくらいの大きさで、硬めの紙で二つ折りになっております。内部保護の堅牢さもさることながら、上質な感じで好感が持てます。

リフレクター内側

内側はグレーカードが二つ折りになっており、外側と両端が接着されています。グレーカードのほうが短くなっているので、開くとちょうど三角形になり、自立させることが出来ます。


リフレクター昼白色

実際にホワイトバランス調整として使用してみた結果が上の画像になります。撮影環境は斜め横方向から「RIFA-F」、上方向からスポットライトを当てています。両方とも昼白色の電球型蛍光灯の光源で照らしています。被写体は「撮影練習モデル2号」さんと、そのすぐ前に「スタンダードリフレクター」を配置しました。

デジタルカメラの「オートホワイトバランス」で撮影し、RAW現像ソフト「Adobe Lightroom」の「ホワイトバランス選択」ツールで「スタンダードリフレクター」のグレー部分をクリックしたところ、きちんと昼白色蛍光灯の色温度である5000K(ケルビン)になりました。ホワイトバランス以外は何も調整していませんが、見た目どおりになっています。


リフレクター昼光色

ついでに極端なケルビン値に設定してから、再度同じ操作を行ってもきちんと同一結果になりました。昼光色でホワイトバランスが適正になるケルビン値では、昼白色が下回るため赤みが増します。

リフレクター電球色

反対に電球色でホワイトバランスが適正になるケルビン値では、昼白色が上回るため青がかります。


グレーカードは本格的なものになると1万円を超えるものもあり、今のところ私にはそこまでのものは必要ないので、お小遣い程度で購入できる「スタンダードリフレクター」で十分役に立ってくれると期待しております。やはりデジタルカメラの「オートホワイトバランス」だけでは正確な色は出せませんし、それを手動で微調整するよりもきちんとホワイトバランスを設定したほうが正確ですので、あるに越したことはない機材ですね。

次の撮影のときに使ってみるのが楽しみです。

以上、「セコニック スタンダードリフレクター」レビューでした。