δ通信機

「δ(デルタ)通信機」は、フィギュア、ゲーム等の趣味を中心に情報を発信します。

ゲーマガ×セガ×コトブキヤ「ネリス」レビュー

ネリスメインビジュアル

今回は「ゲーマガ」×「シャイニング・ハーツ」による立体化企画でコトブキヤから2012年2月に発売された、「ネリス」のフォトレビューです。まだフィギュア撮影を始めたころに撮影した画像データから、現在の撮影環境でどのように変わったかという非常に個人的なコンセプトで撮影したデータを、せっかく撮ったからという理由で記事にしました。

被写体に白羽の矢が立ったのは、管理人が大好きの「ネリス」です。

そんな理由でして、興味がわいたら流し見していただける程度で結構な記事です。

製品内容
発売月2012年2月
スケール1/8
製品サイズ全高 約190mm
製品仕様PVC塗装済み完成品
原型製作松本江永

ネリスパッケージ前

ネリスパッケージ後

パッケージの前後です。本企画のために描き下ろされた「ネリス」が印刷されております。キャラクターデザインは「シャイニング」シリーズでおなじみの「Tony」氏です。

ネリスブリスター前

ネリスブリスター後

ブリスターパッケージです。内容物についてはレビュー内で個々に記述します。


ネリス全身かご01

ネリス全身かご02

ネリス全身かご03

ネリス全身かご04

ネリス全身かご05

ネリス全身かご06

ネリス全身かご07

ネリス全身かご08

全身の周囲を撮影してみました。このフィギュアは「シャイニング・ハーツ」のゲーム内の「ネリス」設定に準じ、パン屋の配達バージョンと、弓矢による戦闘装備バージョンをパーツ差し替えにより再現できます。

まずは、パン屋さんの「ネリス」です。

ちょっと腰を曲げて、振り向く仕草がかわいいです。

ネリス下方向前

ネリス下方向後

下方向からの前後です。顔は角度による違和感はありません。

ネリス上方向前

ネリス上方向後

近寄って上方向からの前後です。下方向よりも、ちょっとお姉さんぽく見えますかね?

ネリス全身弓01

ネリス全身弓02

ネリス全身弓03

ネリス全身弓04

ネリス全身弓05

ネリス全身弓06

ネリス全身弓07

ネリス全身弓08

パン屋のかごから弓に替えてみました。手首の差し替えにより変更することが出来ます。それに伴い、矢筒に付属の矢も入れました。

「ネリス」は戦闘時には弓矢の装備で戦います。


ネリス頭部01

ネリス頭部02

ここからは部分的に見てゆきます。

まずは頭部から、「ネリス」の特徴的なヘアスタイルが再現されております。後ろで髪を結わいているピンク色のリボンが特に目を惹きます。やはり、いつ見てもかわいいお顔で満足であります。

「その、右手のパンをくださいな♪」

ネリス胸部01

ネリス胸部02

ネリス胸部03

胸です。胸の辺りになると枚数が増えるのは毎度のことです。大きい上に、半分くらい露出しちゃっているところがとてもいい!谷間が最高です。

なかなかデザインに凝った服なんですねえ。

ネリス腰部01

腰まわりは、フリル満載の真っ赤なスカートの上に民族衣装っぽいデザインのエプロン(なのかな?)を巻いています。

複雑で細かい装飾のある衣装で見応えがあります。

ネリスおさげ

「ネリス」の特徴でもある長髪を三つ編みにしているお下げ。宙で舞っている造型が躍動感を出しております。

ほどいたらかなりの髪の長さになりそうです。

ネリス脚部

脚部は膝下あたりまでのブーツを履いております。ワンポイントの同系色のリボンが軽い華を添えています。

ネリスパンとかご

かごに布を敷いてその中にいろいろな形のパンが文字通り詰め込んであります。別パーツとなっていますので、結構入れるのが大変なんですw

ネリスパン一覧

パンを広げて見せてもらいました。いい色に焼けたパンでおいしそうです。個人的には、そのネリスさんが頬ですりすりしているパンをください!

ネリス弓01

ネリス弓02

弓に差し替えてみました。弦はきちんと張ってあり、なかなかリアルです。シンプルですが持つところがピンク色なのが女の子っぽいですかね。

ネリス弓03

シンプルな弓ですが、ここだけはこだわりでしょうか。弦の巻いてあるところに、羽の束とネリスおそろいのピンクのリボンがぶら下がっております。

ネリス矢筒

腰にバンドのようなもので固定している矢筒も弓同様にシンプルなもので、付属の矢を入れるようになっております。

ネリス縞パン

おっと、かごから弓に持ち帰ると後ろがお留守になりますので、絶景です。ピンクと白の縞々ですね!

・・・そういえば、弓矢持っているんだっけな、逃げよっと。

ネリスフリーアングルかご01

ネリスフリーアングルかご02

ネリスフリーアングル弓01

ネリスフリーアングル弓02

かご持ちと弓持ち状態でフリーアングルで撮影。


ネリスあとがき

久々に年月を経たフィギュアを持ち出してきて撮影してみました。造型については現在にも劣らぬとても優れたものと再確認できました。塗りの点では一昔前かなと思われるところがあります。もっともこの「ネリス」は塗りわけが複雑なので、頑張っているということはわかります。黒点がところどころ目立つのがありますが、目視ではそれほど気になるものではないです。

撮影については、アイプリントの光沢がかなりきついので、光源が反射してしまっている画像がほとんどでした。いつもどおりの撮影環境なのですが、気がつけば左右どちらかの目が反射してしまっています。最近の撮影ではほぼ気にしなかったので、この辺の処理は変わってきているのでしょうかね?

現像についてはRAWデータから大幅に調整する部分はなく、コントラスト調整程度でコンディションはよかったのかなと思います。

いまさら、このフィギュアをレビューしたところで何の参考にもならないでしょうが、見ていただけた方には御礼申し上げます。今回は本当に自己満足な記事になってしまいました。しかし、個人的にはいろいろな再発見がありましたし、「ネリス」を綺麗に撮って残したいという希望もかないましたので満足しております。

以上、「ゲーマガ」×「セガ」×「コトブキヤ」立体化企画、「ネリス」レビューでした。