δ通信機

「δ(デルタ)通信機」は、フィギュア、ゲーム等の趣味を中心に情報を発信します。

「AQUAPAZZA 小牧愛佳」フィギュア

AP愛佳00

セガアミューズメント景品「AQUAPAZZAハイグレードフィギュアVol.2」の「小牧愛佳」フィギュアのレビューです。

このフィギュアはアミューズメント用のプライズ景品であり、クレーンゲームなどで取得できるもので、原則として商店で販売されているものではありません。(例外はありますが…。)

キャラクターの出典は格闘対戦ゲーム「アクアパッツァ」のキャラクターのうちの一人、「小牧愛佳(こまきまなか)」です。「アクアパッツァ」自体がゲーム開発企業である「アクアプラス」の発売するキャラクターがゲームタイトルの枠を超えて対戦する、いわゆるドリームマッチな格闘ゲームです。従って、「愛佳」はもともとは「ToHeart2」のキャラクターでもあります。

簡単に「愛佳」がゲーム内でどんなキャラクターか説明すると、「ToHeart2」では学園の図書館の書架で本の整理をしていることが多いので、画像の通り多くの本を抱えて格闘します。格闘といってもただドジな動きをしているのが結果的に相手に攻撃している動作になり、本を飛ばしてしまったり、書架を倒したり、つまづいて転んで相手にぶつかったりと、偶発的なことが相手にダメージを与える技(?)になっております。だけど強いんだよ、いいんちょ。

ここにお越しになった方にはそんな説明は今更する必要はないほどだと思いますけど、一応(^^;

では最初に全身を入れた画像から。

AP愛佳01

AP愛佳02

プライズ景品なのでディテールに甘く、バリの跡や汚れが少々あります。靴下に赤い塗料が付いてしまっているのが気になりますが、顔については問題なくてまずまず満足です。やはり顔が命でありますので。

「アクアパッツァ」準拠のイラストから原型を起こしているので、「ToHeart2」とは若干イメージが異なるところがあります。

AP愛佳03

ゲーム内では抱えた本が不安定で崩れないかふらふらして不安そうな顔をしていますが、フィギュアの方はなかなか自信がある感じな表情をしていますね。

本は別パーツですが、ダボが本体にはまるようになっている上、下から手で支えているので逆さにしたとしても落ちません。

AP愛佳06

さて、攻撃手段である「重ねた本」。基本的にずっと持っているので、本でどついたり投げたりと主力武器であります。普通に考えるとかなりの破壊力ありますね。

なかなかリアルではありますけど、ちょっと作りは荒いですかねぇ。ただ、図書館の年季の入った本だと思えば傷や汚れがあるのは頷けますので、前向きにそういう解釈にしましょう。

AP愛佳07

ちなみに「ToHeart2」のシナリオで主人公から贈られたケープを制服の上から着用しています。本整理の時に制服が汚れないようにする役割ですが、「愛佳」自体は贈られたことに対して大切にしている様子。

AP愛佳04

マクロレンズで撮影すると細かいアラが目立ってしまいますが、肉眼ではあまり気にならない程度で気軽に飾れるいいフィギュアです。「アクアパッツァ」仕様のキャラクターは塗装済み完成品モデルでは製品化されていないので、個人的に気に入りました。

今回、初めて文章入りのレビューをしてみました。至らないところが多くあるとは思いますが、ご覧いただいた方に御礼申し上げます。

以上、「AQUAPAZZA 小牧愛佳」フィギュアレビューでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。