δ通信機

「δ(デルタ)通信機」は、フィギュア、ゲーム等の趣味を中心に情報を発信します。

コトブキヤ「くのいち イルファ」レビュー

くのいちイルファメインビジュアル

コトブキヤ「くのいち イルファ」フィギュアレビューです。ちょうど4年前に発売されたこのフィギュア、超が付くほどのいまさら感漂っています。フィギュア撮影がしたくて手ごろなお値段で造型のよいものを探していたらたどり着いたものでして…。ただの定期更新記事ということでw

キャラクターの出典は「ToHeart2ダンジョントラベラーズ」及び、「愛佳でいくの!!ファイナルドラゴンクロニクル」です。もともと「ToHeart2」のキャラクターで、「HMX-17a」という型番のメイドロボですが、ゲーム内での行動や性格が生々しくて、もはやロボットとは思われていないのではないかと(私もですが)…。

普段はメイド服の「イルファ」さんの「くのいち」姿を見てゆきます。

製品内容
発売月2011年6月
スケール1/8
製品サイズ全高 約200mm(台座含む)
製品仕様PVC塗装済み完成品
原型製作ジャスティス

くのいちイルファパッケージ前

くのいちイルファパッケージ後ろ

パッケージの前後です。長年在庫として置いてあったのか、箱はちょっとぼろいです。前後ともに元になったイラストがデザインされており、「愛佳でいくの!!ファイナルドラゴンクロニクル」名義になっています。キャラクターデザインは、みつみ美里氏です。

くのいちイルファブリスター前

くのいちイルファ後ろ

ブリスターパッケージです。本体と手に持たせる武器、差し替えのパーツが同梱されています。詳細は記事の中で後述いたします。

くのいちイルファ説明書

説明書です。各種、取り付け方法や注意事項が書かれております。


くのいちイルファ全身01

くのいちイルファ全身02

くのいちイルファ全身03

くのいちイルファ全身04

くのいちイルファ全身05

くのいちイルファ全身06

くのいちイルファ全身07

くのいちイルファ全身08

全身を入れた周囲を撮影しました。和風の「くのいち」とアラビア風の「アサシン」の折衷のようなデザインになっております。物腰の柔らかい普段の「イルファ」さんの勇ましい姿が特徴的です。

くのいちイルファ下方向前

くのいちイルファ全身下方向後ろ

下方向からの前後です。お顔はどの方向から観ても破綻はなく、元のキャラクターのイメージも再現されております。

くのいちイルファ上方向前

くのいちイルファ上方向後ろ

上方向からの前後です。全体像がよく分かるカットになりますね。後ろ姿がなかなか様になっているように感じます。

くのいちイルファ俯瞰前

くのいちイルファ俯瞰後ろ

更に上方向から撮影してみました。遠近感が強調されています。この角度ではナイフを手にした造型が見てとれます。

くのいちイルファ顔ノーマル左

くのいちイルファ顔ノーマル正面

くのいちイルファ顔ノーマル右

お顔を見せていただきましょう。左側、正面、右側です。原作からもいえますけど、とても美人さんです。きりっとした表情が衣装も相まって決まっています。

くのいちイルファ顔覆面右

くのいちイルファ顔覆面正面

くのいちイルファ顔覆面左

さて、差し替えパーツでターバンで口もとを隠した元のイラスト通りにも変更できます。こちらも右側、正面、左側と見せていただきましょう。より、「くのいち」らしい表情の読めない雰囲気が出ます。素顔を隠した上目づかいが影の印象を濃くしています。


くのいちイルファ頭部01

くのいちイルファ頭部02

ここからは部分的に見てゆきます。まずは頭部からです。アラビア風が色濃く出ているターバンですが、柄は和風な感じでうまくまとめていると思います。真っ赤な椿(かな?)が、目を惹きます。原作ではメイドロボは耳にバイザーが付いているのでそれで判断できるのですが、両耳とも隠れてしまっているので、もはや人間と区別つきませんね。

くのいちイルファ前方

くのいちイルファ後方

基本的な衣装は、和服を上下に分けたデザインに帯を巻いています。上は上腹部がなく、下は前後がつながっていない和風テイストの服装ですかね。

くのいちイルファ武器01

くのいちイルファ武器02

くのいちイルファ武器03

武器は左右一対の大型アラビア風ナイフで、双方に違いはありません。握りの外側にはクナイのようなとげが5本出ています。殴るもよし、斬ってもよしな、見た目が凶悪武器です。

くのいちイルファ胸部01

くのいちイルファ胸部02

くのいちイルファ胸部03

この衣装、とてもすごいことに気づいてしまいました。下ちちが丸見え!実にけしからん、もっとやれ!、だったのです。下着もないようなので、ひらひらですな…。「イルファ」さんの公式バストサイズはないのですが、見た目に大きいです。妹の「HMX-17cシルファ」が82cmとなっているので、それよりも大きいということになります。

くのいちイルファストール01

くのいちイルファストール02

さて、首に巻いたストールは左右に大きく広がり、華やかさの1つの要因となっております。ふわっと浮いた感じがちょっとした躍動感を感じさせます。房が付いているのもお洒落ですね。

くのいちイルファおしり

おしり…これ褌ですよね、ほぼ丸見えです。いやあ、「イルファ」さん、上も下もエロすぎです。分割線がちょっと見えてしまっているのが残念なところ、個体差だとは思います。前は鉄壁ガードで見えませんでしたけど、どちらかというと褌は後ろを隠したほうが…。いや、こちらとしては結構なことですがw

くのいちイルファ脚部前

くのいちイルファ脚部後ろ

脚部です。すらりとした綺麗な足です。腰の部分からのぞく太もものチラリズムがたまりませんね~(後ろはチラどころではないですが)。履き物は足袋とはまた違う折衷的なデザインです。毎度のことですけど、このシリーズは全て片足立ちです。


くのいちイルファフリーアングル01

くのいちイルファフリーアングル02

くのいちイルファフリーアングル03

くのいちイルファフリーアングル04

フリーアングルで撮影した中から4枚選んでみました。3枚目が個人的にちょっといい感じかなと。


くのいちイルファあとがき

最後に雰囲気を変えて、夜陰に紛れて現れた暗殺者って感じで。「びっくりしましたか?」なんていわれそうなイメージで撮ってみました。

「HMX-17aイルファ」について簡単に説明しますと、「ToHeart2」ではヒロインの一人「姫百合珊瑚」が彼女の開発に関わっているので、サブキャラクターとして登場しています。外伝的な作である「ToHeart2 AnotherDays」では、姉妹である「河野はるみ(HMX-17bミルファ)」、「HMX-17cシルファ」の長女として登場しています。しかし、「はるみ」と「シルファ」はヒロインとして扱われていますが、とうとう「イルファ」はサブキャラクターどまりで、本作「ToHeart2ダンジョントラベラーズ」では、プレイヤーの敵として「日蔭者の恨み」という必殺技とともに立ちはだかります。作が進むと少々壊れていじられキャラに…。三姉妹の中では一番常識的キャラクターで、仲の悪い妹たちを見守る優しいお姉さんです。

さて、造型についてはこの頃のコトブキヤはクオリティが高いものが多く、「イルファ」も例外なく塗りや質感がよく、キャラクターの雰囲気も再現しております。撮影した個体はややはずれなのと、在庫として長年日の光を浴びなかったのでコンディションが若干落ちているのは残念なところです。まあ、古いので仕方がないですね。

撮影については、フィギュア撮影では初めて「Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED」を使用してみました。印象としては色のりがよく、未調整の画像でも綺麗に色が出ているという感じがありました。また、いつも使用している105mmマイクロに比べて被写界深度が深いため、約1.5段程度絞りを開けられるので、撮影はやりやすかったです。反面、アングルの幅が狭まってしまって、トリミングが制限されるデメリットがありました。これは不要なものが広く入ってしまう要因ですね。今後、1回の撮影でも、状況に応じてレンズを使い分けてみるのもいいかなと思いました。

現像については、撮影時のコンディションでハイライト部が強すぎた部分がありましたので、その辺を抑えながら調整することになりました。コントラストは撮影時から高いので、少々入れる程度で済ませてあります。大幅な修正はありませんでした。

需要無視のレビューですが、暇つぶしにでもなれば幸いです。

以上、コトブキヤ「くのいち イルファ」フィギュアレビューでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。