δ通信機

「δ(デルタ)通信機」は、フィギュア、ゲーム等の趣味を中心に情報を発信します。

Wonder Festival 2016 Winter フォトレポートVol.4

WF2016W04

2016年2月7日に幕張メッセにて開催された、「Wonder Festival 2016 Winter」のフォトレポート記事です。今回はVol.4で、7~8ホールのディーラーブース編です。最終回となります。

当ブログでは、ディーラーブースにて撮影した画像のみとなります。また、私自身の主観的な好みで被写体を選ばせていただいておりますので、全てのガレージキットを撮影しているわけではありません。過去のイベント等で既に掲載した造型に関しては割愛させていただいております。

以上、ご了承願います。

ガレージキット製作見本を撮影させていただいたディーラーサークルさんに、御礼申し上げます。

剛本堂さん
剛本堂01

剛本堂02

剛本堂03

剛本堂04

剛本堂05

剛本堂06

鶴の館さん
鶴の館01

鶴の館02

ししゃも亭さん
ししゃも亭01

ししゃも亭02

ししゃも亭03

ししゃも亭04

重巡洋艦「古鷹改二」。複雑な艤装の再現度が高く見事でした。

ATELIER HIIROさん
ATELIER HIIRO01

ATELIER HIIRO02

ATELIER HIIRO03

METALBOXさん
METALBOX01

METALBOX02

METALBOX03

METALBOX04

Ditch Chameleonさん
Ditch Chameleon01

Ditch Chameleon02

うさPハウスさん
うさPハウス01

うさPハウス02

うさPハウス03

うさPハウス04

うさPハウス05

うさPハウス06

うさPハウス07

うさPハウス08

うさPハウス09

「ラブライブ!」より「西木野真姫」のバニーバージョン。赤バニーも白バニーも似合っていますね。

戦国ふさにゃんぼうさん
戦国ふさにゃんぼう01

戦国ふさにゃんぼう02

ナムコのゲーム「ディグダグ」と、「アイドルマスター」ののコラボ造型第5弾。今回は「萩原雪歩」でした。穴掘って埋まりたくなる「雪歩」にはぴったりのゲームではないかとw

B・M・Wさん
B・M・W01

B・M・W02

チェリーブロッサムさん
チェリーブロッサム01

チェリーブロッサム02

チェリーブロッサム03

チェリーブロッサム04

チェリーブロッサム05

チェリーブロッサム06

チェリーブロッサム07

チェリーブロッサム08

MINEさん
MINE01

MINE02

MINE03

MINE04

MINE05

ぅらめしぃ~わっほい!さん
ぅらめしぃ~わっほい!01

ぅらめしぃ~わっほい!02

wisywigさん
wisywig01

wisywig02

通称「夜戦バカ」の軽巡洋艦「川内」。イラストの雰囲気がよく出ている造型だと思います。

Pectryさん
Pectry01

Pectry02

Pectry03


以上で終了となります。

WF2016Wあとがき

・あとがき

2016年2月7日は、以前からの天気予報が良いほうに外れ、この時期にしては過ごしやすい天候でした。約半年ぶりのワンダーフェスティバルへ、いつも通り撮影目的で出かけました。

会場の幕張メッセへ到着したのは11時ころでした。入場してからまずは4ホールの端へ移動し、撮影機材の準備を整え行動を開始しました。毎回、時間が厳しいのは承知していますので、かねてよりチェックしてきたサークル配置図を見ながら効率よく周ろうと念頭においていました。

前回よりは改善しましたけど、やはり終了時間の17時までに全て周るのは余裕がなく、チェックしていたブースをすべて周り終えたのは時間ぎりぎりでした。あとのほうになると撮影が雑になってしまった感じはあります。結果的に見逃しはほぼないのですが、早期に撤収されるディーラーさんもいらっしゃるので、2、3箇所程度見られなかったかもしれません。あまりよく覚えていないです。

企業ブースへは行く時間すらなかったので様子は分かりませんが、前にも増してディーラーブースを訪れる人数が増え参加者の個人ディーラーへの関心が高まったと感じました。おそらくガレージキットを購入する目的の人はあまりかわらないと思いますが、製作見本を見てみたい、撮影したいと望む人が増えてきたのだと思います。カメラの所持率はかなり高かったように見受けられました。

一番お手軽な撮影機材はスマートフォンや携帯電話のカメラ機能でしょう。ただ、機能が向上しているとはいえ、会場の撮影コンディションはよいとはいえませんから、思うように撮れずにトライアンドエラーを繰り返して苦戦している様子をよく見ました。安価なコンパクトデジタルカメラでも、これらよりは手振れ補正やズーム機能など雲泥の差があるので、用意したほうが楽なのではないかなと感じますね。

造型されるキャラクターの傾向としては、前回とあまり変わらず「艦これ」、「アイドルマスター シンデレラガールズ」、「ラブライブ!」などが多かったです。私の撮影してきた画像も多分にそれらが含まれていました。もっとも、私自身の興味の傾向も強いのですが…。分からないキャラクターはあまり眼中に入らないという理由も含まれますw

今回、私個人的に一番よかった造型は、「かぐや姫」さんの「久寿川ささら ヴァルキリーVer.」でした。造型はどう見ても「ささら」そのもの、装備している武器や防具は精巧にできていてとても見事でした。

あと、レトロゲーム好きとしては、「R.C.BERG」さんの「スペースハリアー」もよかったです。イメージイラスト通りの「ハリアー」で懐かしかったですね。

撮影については「Nikon D800」に「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」と「スピードライトSB-700」を装着していきました。この構成は以前から変わらないので、撮影結果もあまり変わっていません。掲載した画像枚数は272枚でした。

これにて「Wonder Festival 2016 Winter」のフォトレポートを終了したいと思います。最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

撮影に快く応じて下さったディーラーサークルさんに、改めて御礼申し上げます。


・Wonder Festival 2016 Winter Vol.4 ディーラーブース7~8ホール
Wonder Festival 2016 Winter Vol.3 ディーラーブース6~7ホール
Wonder Festival 2016 Winter Vol.2 ディーラーブース5~6ホール
Wonder Festival 2016 Winter Vol.1 ディーラーブース4~5ホール